1勝1分となった開幕2試合で7ゴールを奪っているレアル・マドリー。ここまでトップの3ゴールを決めているのは、ヴィニシウス・ジュニオールだ。

21歳になったヴィニシウスはいずれも途中出場ながら、2試合連続ゴールを記録。レアルでは120試合で17ゴールとフィニッシュが課題とされてきたが、決定力を高めつつある。

『El Chiringuito TV』によれば、ヴィニシウスはプレッシャーや感情をコントロールするためにメンタルコーチと一緒に取り組みを始めたとか。精神面の改善に本格的に取り組み始めたようだ。

そのヴィニシウスは途中出場から2ゴールを決めたアラベス戦後にこう話している。

ヴィニシウス・ジュニオール

「こういうパフォーマンスが出来るように、僕はフィニッシュだけでなく、自分のゲームのあらゆる点に取り組んでいるよ。

僕らは相手のマーカーから逃れるために多くのことをしている。

最初のゴールはカゼミロが素晴らしいパスをくれた。2点目はつま先でシュートした。

シーズンをいい形でスタートできてとても嬉しい。初日からハードワークをしてきたけれど、それはこれからも変わらないよ」

本人も確かな手ごたえを感じているようだ。

【動画】ヴィニシウスが感謝!レアルMFカゼミロのスーパースルーパス

レアルは今週末に敵地でベティスと対戦する。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら