3日に有明アリーナで行われた東京パラリンピックの車椅子バスケットボール準決勝、日本代表チームがイギリスを相手に79対68で勝利を収め、初の決勝進出を決めた。

これまでまだメダルを獲得したことがなかった日本代表であるが、これによって史上初となる2位以内が確定した。

そのチームを率いているのが、かつて車椅子バスケットボールの選手として長く活躍してきた京谷和幸氏。

パラリンピック4大会に選手として出場し、リオ五輪での試合を最後に現役を引退。その後指導者に転身し、日本代表のアシスタントコーチとヘッドコーチを歴任してきた。

そして、彼の特色はなんと言っても「元サッカー選手」であるという点だ。

室蘭大谷高校を卒業した1990年に古河電工へと入社し、その後ジェフユナイテッド市原とプロ契約を結ぶ。カップ戦で3試合に出場したものの、1993年に交通事故によって骨髄を損傷する怪我を負ってしまった。

下半身不随になったことで現役を引退し、その後車椅子バスケットボールに転向したという経歴を持っている。

2017年1月に放送されたドラマ「君に捧げるエンブレム」のモデルになったことでも知られ、日本の車椅子バスケ界を広めるに当たってのシンボルにもなった。

【写真】部活選べない!競技を「掛け持ち」したサッカー選手たち

車椅子バスケットボール男子の決勝戦は、大会最終日となる9月5日の午後0時半から始まる予定となっているぞ。

三笘薫とユニオンが止まらない!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら