関西サッカーリーグ第13節、ASラランジャ京都対おこしやす京都ACの試合に直撃取材をしてきました!

ここまでの12試合を無敗で戦ってきたおこしやす京都ACは、この試合で勝利をすれば1試合を残して関西サッカーリーグの優勝が決定します。

一方のASラランジャ京都は、昨季関西サッカーリーグ2位で地域CL出場を果たしながらも、今季はなかなか苦しいシーズンを過ごして5位。残りの試合で意地を見せたい状況でした。

試合終了後、0-1で勝利を収めたおこしやす京都ACの青戸翔選手、守屋鷹人選手兼コーチ、そして瀧原直彬監督にお話を伺いました。

おこしやす京都ACはこの優勝で11月に行われる予定に地域サッカーチャンピオンズリーグに出場する権利を獲得しています。そして今週末にはレイジェンド滋賀FCとのシーズンに最終節を戦います。

一方のASラランジャ京都は1つ消化が少ないため、関西サッカーリーグの残りは2試合。これが今シーズンの締めくくり、今年最後の公式戦となります。