アーセナルでのデビュー戦を白星で飾った日本代表DF冨安健洋。

彼の加入初日の裏側を映した映像をクラブが公開した。フィジカルテストでは跳躍力をテストする恒例のシーンもあったぞ。

腕を振らない垂直跳びを行った冨安にコーチは「Not bad」と声をかけている。

コーチが口にしている数値は45cmか55cmに聞こえる。アーセナルの垂直跳び最高記録は、キーラン・ティアニーの55cm。それを考えれば、冨安の記録は45cmだろうか。

【動画】鳥人ジャンプ力!アーセナルDFティアーニーの跳躍シーン

ちなみに、あのクリスティアーノ・ロナウドでも腕を振らない状態での垂直跳びは44cmだとか。ただし、ロナウドは腕を振っての跳躍では78cmという驚異的なジャンプ力を記録している。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら