先日、不整脈のために心臓の手術を行ったと伝えられたバイエルンのフランス代表FWキングスレイ・コマン。

先週火曜日に行われたバルセロナとの試合で後半に途中出場したコマンは、その後の検査で不整脈を抱えていることが明らかになった。

その後すぐに手術を受けてチームから離れていたが、それから僅か10日ほどでリハビリトレーニングをスタートできたようだ。

【動画】バイエルンの練習場を走るコマン。心臓手術から復帰へ

ただ、ナーゲルスマン監督は今週行われるグロイター・フュルト戦でコマンをメンバーに加える考えはなく、まだ選択肢にはないとのこと。

なお、離脱していたセルジュ・ニャブリやジャマル・ムシアラはすでにフルトレーニングに戻っており、プレーできるかどうかを見極めている最中であるそうだ。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら