7日、2022年ワールドカップ・アジア最終予選のサウジアラビア対日本が行われ、日本は0-1で敗れた。

ここまで2連勝のサウジに対し、1勝1敗の日本はアウェイとはいえ負けられない一戦。

試合は序盤からホームのサウジペースで進み、激しいプレッシャーを受けた日本はボールキープもままならない。その中でも、大迫勇也が何度か決定機を迎えたが決められず、スコアレスで前半を折り返す。

後半早々、前半からロストが目立っていた柴崎岳が中盤でボールを奪われ、カウンターからサウジの決定機。しかしこれは権田修一の左足でなんとかしのぐことに成功した。

日本は59分に南野拓実と浅野拓磨に代えて古橋亨梧と原口元気。それでも流れは変わらず、ついに71分、柴崎のミスパスからアル・ブライカンが決めてサウジに先制を許す。

その後、日本はオナイウ阿道や守田英正らを投入してサウジゴールに迫ったものの、結局得点は生まれないまま試合終了のホイッスル。

【関連記事】「森保監督の日本代表が招集するべきだった8人の選手」

大事なゲームを落とし、1勝2敗となった日本。12日に行われるホームのオーストラリア戦は、絶対に勝利が必要な状況となった。

久保がアトレティコ相手に復活弾!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら