世界各地で行われているワールドカップ予選。

ポルトガル代表はホームでのルクセンブルク戦に5-0で圧勝した。クリスティアーノ・ロナウドは2本のPKを含めてハットトリックの大暴れを見せている。

36歳ロナウドはこれでプロキャリア通算の得点数が800に到達!

また、後半には惜しい伝説未遂シーンもあった。

右からのクロスを受けたロナウドは右足でトラップすると浮いたボールをバイシクルシュート!だが、相手GKの素晴らしいセーブによってスーパーゴールとはならず。

【動画】惜しかった!36歳ロナウド、超絶バイシクルシュートシーン

ちなみに、ロナウドを阻止したのは、三笘薫も所属するユニオンで守護神を務めるGKアントニ・モリス。

そんな試合ではチーム4点目のゴールを決めたジョアン・パウリーニャはロナウドのゴールセレブレーションを披露している。『A Bola』によれば、彼は「その場の熱量から飛び出したんだ。ロナウドは笑っていたよ」と話していたとのこと。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら