今夏、100億円を超える移籍金でマンチェスター・ユナイテッドに加入したジェイドン・サンチョ。

21歳の新星はクリスティアーノ・ロナウドの加入もあり、控えという立場に甘んじている。

『The Athletic』によれば、サンチョはプレミアリーグのゲームスピードに衝撃を受けたようで、同僚からは「慣れろ」との言葉をかけられたとか。彼は調整が必要であることを自覚しており、スピードアップのために練習でハードワークを重ねているという。

【動画】サンチョ、香川真司をアシストしたピンポイントクロス

そんなサンチョはこの数週間のトレーニングにおいて、右ウィングバックとして試されているそう。

最近、スールシャール監督は3-4-1-2システムを導入しているが、これを継続する場合には、右サイドのアーロン・ワン=ビサカの攻撃力に疑問符が付く。そのため、サンチョのウィングバック起用を検討しているようだ。