アルバニアとのワールドカップ予選に5-0で快勝したイングランド代表。

ウェンブリーでの一戦で前半9分に先制ゴールを叩き出したのは、マンチェスター・ユナイテッドDFハリー・マグワイアだった。

彼がヘディングで得点を奪った後に見せたゴールセレブレーションが話題になっている。耳に手を当てた後、膝スライディングしつつ、耳の穴を指でふさいでいたのだ。

『ITV』で解説を務めたロイ・キーンはそのセレブレーションをこう断罪していた。

ロイ・キーン

「彼はあれで批評家たちを黙らせたつもりなのだろう。

だが、恥ずべきだと思う。この数か月の彼はユナイテッドで醜態をさらしてきた。

得点すれば、批評家たちを黙らせることができると思っているが、恥ずかしい」

最近のユナイテッドは不調にあり、代表戦でも「スールシャールは出ていけ」と一部のサポーターグループが叫んでいたとか。

マグワイアのセレブレーションはそれに対する抗議と思われるが、レジェンドたちからはかなり不評のようだ。

【動画】キーンが「恥」と斬り捨てたマグワイアの問題シーン

元イングランド代表FWイアン・ライトも「自分もやったことがあるが、今思えばやる必要はない」と口にしていたそう。あえてやるのは、ダサいということのようだ。