プレミアリーグ第12節、アーセナルは敵地でのリヴァプール戦に0-4で大敗した。

アーセナルDF冨安健洋はフル出場、リヴァプールFW南野拓実は途中出場からゴールを決めている。

現地紙『football.london』は、冨安に5点という評価を与えていた。

『football.london』

「この日本代表は退場になっていてもおかしくなかったサディオ・マネから激しいチャレンジを受けた。

ただ、先制された場面では空中戦で打ち負かされ、後半もくたくたになるなどいい試合ではなかった」

また、『WhoScored』のレーティングでは、冨安は両チームで最低となる5.38に。4度のクリアにキーパス1本を記録したが、パス成功率は78.6パーセントに留まり、ポゼッションロストも2度あった。

【動画】冨安は悪くない!?マネにやられたアーセナルの失点シーン

一方、投入から45秒でゴールを決めた南野は、6.93というレーティングがついている。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら