成績不振により、マンチェスター・ユナイテッドの指揮官を辞任したオレ・グンナー・スールシャール監督。暫定監督に指名されたのは、アシスタントコーチのマイケル・キャリックだった。

そうしたなか、ユナイテッドのレジェンドであるポール・スコールズの発言が話題になっている。『BT Sport』でこう述べたのだ。

ポール・スコールズ

「上層部のことを話している。

4週間前のリヴァプール戦の後、オレが去ることは分かっていた。それは明白だった。

だから、上層部は、次の監督とスタッフ陣を準備しておく必要があった。

オレに起きたことを考えれば、いまはスタッフでいることは恥ずかしいはず。彼らは全員やめるべきだ。

解任されるか、自分で出ていくか、彼らはオレのチームの一員だったのだからね。

オレは彼らを信じて毎週準備を任せていた。彼らはオレと同じようにクラブと選手を失望させた。

オレはマイケルとキーラン(・マッケンナ)を信頼していた。だから、彼らもピッチ上のパフォーマンスの責任をとらなければいけない。

オレはマイケル、キーラン、マイク・フェランに大きな信頼を寄せていた。だからこそ、彼らはいまのクラブにいるべきではない。

彼らは全員がよき友人だし、いい人だ。だが、もし自分が彼らだったら、オレからあれほどの信頼を置かれていたのに、それでもクラブで働き続けることには罪悪感を感じるだろう」

スールシャールが辞任したのだから、スタッフ陣も同じように辞めるべきだと指摘していたようだ。

ただ、『Daily Mail』によれば、ユナイテッドはキャリックらコーチ陣と数週間前に新たな3年契約を結んだばかりだという。そのため、スタッフたちを解任する場合にはかなりの費用がかかるようだ。

 

【動画】ユナイテッドの英雄スコールズ、現役時代の浮き上がる鬼ミドル

なお、エルネスト・バルベルデが新監督候補に浮上しているという話も出ている。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら