序盤戦を消化した2021-22シーズン。

そこで今回は、実績の割に今季まだ活躍できていない選手たちを見ていきたい。

ハリー・ケイン

Harry Edward Kane

今季は不振に陥っているケイン。今夏には、ほとんど決まっていたとされるシティへの移籍が破談となり、不安定な状態で新シーズンを迎えていた。

W杯出場を決めたイングランド代表では素晴らしい活躍を見せているが、トッテナムではリーグ戦でここまで僅か1ゴールのみにとどまっている。

リーグ順位が上がらないチームは、得点数が現在プレミアワースト2位タイと深刻な状況にあり、今月からはコンテが新監督に。名将の元でケイン復活となるだろうか。