成績不振によって、スールシャール監督が辞任したマンチェスター・ユナイテッド。

プレミアリーグ第13節チェルシー戦では、クリスティアーノ・ロナウドがベンチスタートになった。

『Sky Sports』によれば、マイケル・キャリック暫定監督は試合前にこう説明していたそう。

マイケル・キャリック(マンチェスター・ユナイテッド暫定監督)

「新鮮さを出すための微調整と変更だ。

(ベンチにいる)クリスティアーノ・ロナウドは目立つ名前だ。

クリスティアーノとはいい話ができた。彼は素晴らしかったよ」

この日のユナイテッドはDFフィル・ジョーンズが650日ぶりにリーグ戦メンバーに復帰。また、ロナウドではなくジェイドン・サンチョを先発起用した。

試合はそのサンチョが先制ゴールを奪うも、PKで同点に追いつかれ、1-1の痛み分けで終了。

ロナウドは後半19分にサンチョに代わって投入されたが、試合終了後には勝てなかったことへのいら立ちを露わにしていたようだ。

【動画】ベンチになった36歳ロナウド、レアなアップシーン

キャリック暫定監督は、引き分けに終わったことに失望しているとしつつ、「この1週間の選手とグループを誇りに思う。難しい状況のなかでベストを尽くそうとしてくれた」と選手たちをねぎらっていた。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら