リヴァプールは元ブラジル代表GKクラウジオ・タファレルをGKコーチとしてチームに迎えると発表した。55歳の同氏はセレソンとして101試合に出場したレジェンドだ。

ブラジル代表のGKコーチでもあるため、インターナショナルマッチウィーク中は代表に帯同するとのこと。つまり、リヴァプールとブラジル代表を兼務する。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「我々にはGKに独自の哲学を築いてもらいたい。

それが独自のゲームであることは全員が理解しているので、それについては全く異なる見解を持ってもらいたい。

ブラジルには世界最高のGKが2人いるので、我々はアリ(アリソン)と話し合った。

そして、タファレルをコーチングスタッフに加えるという解決策を見つけ出すことができた。それによって、違った見方、捉え方ができると考えている。

(リヴァプールを)世界のサッカー界におけるれっきとしたGKスクールにしたいと思っている。それが、非常に経験豊富な3人目のコーチを連れてきた理由だ。

トレーニング場に様々な文化があることは重要。オランダ人、イギリス人、ドイツ人がいて、今はコーチングスタッフにブラジル人の影響も加わることになる。

間違いなく助けになるはずさ」

リヴァプールにはすでに2人のGKコーチがいるが、そこにタファレルも加わることになった。

【動画】スペイン屈指の名キーパーコーチによるトレーニングが面白い

現役のブラジル代表GKであるアリソンのつながりで、レジェンドを招聘することになったようだ。