6日、2021年度のサッカーシーズンを締めくくるJリーグアウォーズが行われた。

フェアプレー賞はリーグ優勝を果たした川崎フロンターレが受賞。登壇したキャプテンの谷口彰悟は、インタビューに対して以下のように答えた。

谷口彰悟

「(ルールに対するリスペクトを話し合ったことは?)

悪質なプレーはしないとか、厳しく行くにしてもカードをもらわないようなプレーをするとか、それは練習中から監督含めいろんなスタッフに言われながら取り組んでいることです。

そういった積み上げがこのような賞をもたらしてくれたのかなと思っています。

スタンドに来てくださっているサポーターのみなさんが、今は声は出せないですけども拍手で後押ししてくれたり、本当に細かいプレーを称賛してくれます。

そうすると選手たちもすごくノッてきますし、細かいところまで見てくれるんだなと思うと、自然と丁寧な対応になったりします。

そのようなものに繋がってくるので、本当にみんなで作り上げているんだなと思っています」