冨安健洋はプレミアリーグ第15節エヴァートン対アーセナル戦に先発出場した。

前半29分、バランスを崩した相手DFベン・ゴッドフリーから顔面を踏みつけられるシーンが。

苦悶していた冨安の顔にはスパイクで踏まれた痛々しい傷跡が…。

このシーンはVARで確認されたが、イエローカードすら提示されず。

現地では、「意図的ではなったとしても、危険なほど無能では?ゴッドフリーは冨安の顔を見ていた直後に右を向いて踏みつけた。空間認識力が最低レベルなのか、ただ単に気にしてなかっただけなのか。ああいう状況で体の勢いを止めるのは難しいかもしれないが、その勢いを利用して悪意ある攻撃を装うことも簡単だ。どっちだったのかは分からないが」という指摘も。

【動画】冨安と南野、激闘後の胸熱シーン!

幸いにも冨安は大事にいたらず、後半もプレーを続けている。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら