ダービー・カウンティの監督を務めているウェイン・ルーニーが、愛車に卑猥な落書きをされてしまったようだ。

15万ポンド(およそ2200万円)もするランドローバーを所有しているルーニー。『The SUN』によれば、彼は今回チェシャー州プレストベリーのクリスマスマーケットを訪れたそう。

自宅から1.6kmほどしかない場所ということもあり、ルーニーはランドローバーを路上に駐車していたようだ。

そこは駐車禁止のスペースであったことから主催者から「移動して」という通知を受けたものの、それを無視してパブで二人の友人と過ごしていたとのこと。

そして、このランドローバーはルーニーのものだと周囲の住民もわかっていたようで、その間に数々のいたずらを受けていたそうだ。

車の周囲にはカラーコーンが置かれ、ワイパーの下には「駐車禁止!」と書かれた標識の紙が貼り付けてあったよう。

また車が比較的汚れていたことから指での落書きもおおく、ボンネットと側面には大きなペニスが書かれていた。

【写真】「ルーニーだけじゃない!『少年時代のチーム』に戻った大物選手たち」

そしてまた左側のドアには「ウェインの車、痩せろ」という言葉とともに、小さいペニスが上向きと下向きの2本書かれていたとのこと。