この冬に名古屋グランパスからユトレヒトにローン移籍した前田直輝。

アヤックス戦で新天地デビューを果たしたが、あまりに辛いアクシデントに見舞われた。

前半8分、ボールに向かってスプリントした際、相手DFリサンドロ・マルティネスのタックルに左足首が巻き込まれると、苦悶の表情で浮かべて倒れ込んでしまった(動画1分50秒から)。

これはあまりに不運だ…。プレー続行不可能となった前田はスタッフに両脇を抱えられて交代。

『De Telegraaf』によれば、彼は涙を流していたという。同紙によると、前田は4か月ほどの離脱する重傷とみられている。

【動画】復活してくれ!前田直輝、世界レベルの弾丸ミドル

なお、マルティネスのタックルはボールに行っており、カードは提示されていない。