ワールドカップ予選の中国戦とサウジアラビア戦を控える日本代表。先日試合に臨むメンバーが発表された。

【写真】千葉でのトレーニングに臨む日本代表を撮影した「Team Cam」

しかし今回は吉田麻也と冨安健洋というレギュラーのセンターバックが両方怪我のために招集することができず、最終ラインがスクランブル状態になっている。

川崎フロンターレでプレーしている谷口彰悟が記者会見に臨み、海外のクラブに所属している選手との違い、Jで意識していることについて以下のように話した。

谷口彰悟

「海外でやっている選手と国内でやっている選手、多少それぞれの文化があったり、サッカーのスタイルも違います。何をどうしているかというところも大きく変わってきます。

そのなかでどうやって戦っていくべきなのかというのは、国内の選手も海外の選手もたくさん考えながらやっていると思います。

僕の場合はやはり駆け引きの部分であったり、細かいポジショニングであったり。Jリーグではきちんとやっていかないとすぐに点を取られてしまうので、それは逆に海外の選手と比べても自分のほうができるという自信もあります。

パワーやスピードという単純なところはもしかしたら海外の選手のほうが慣れがあるのかもしれないですが、そこではない部分もたくさんあると思います。

ですので、そういったところは自信を持って、しっかり求めていきたいと思っています。

また、自分のチームでは中心としてやっているという自負もあります。いかなる時でも試合に出て、パフォーマンスを発揮しなければいけない。その責任感やコミュニケーションなどを抜きにしても、『勝つために何をしなければならないか』というのは普段から鍛えられているつもりです。

それは必ずこういった代表活動で生きてくると思いますし、自分が今までやってきたことを自信を持って発揮するということを大事にしながらやりたいです」