27日に中国代表とのワールドカップ予選を控えている日本代表チーム。

【動画】千葉でトレーニングキャンプに臨んだ日本代表を映した『Team Cam』

ホームでの2連戦となる今回のスケジュール、キャプテンである吉田麻也とそのパートナーである冨安健洋が怪我のために合流できないという状況となった。

最終ラインの中央が2名離脱している、しかもチームの精神的な支柱が不在。その影響がどのように出るのかが注目されている。

そのカバーを行うセンターバック陣は板倉滉、植田直通、谷口彰悟、そして中谷進之介の4名。記者会見に臨んだ板倉はそのパートナーシップについて以下のように話した。

板倉滉

「谷口彰悟さんは川崎フロンターレで一緒にやっているので、よく知っています。ナオくん(植田直通)とも何度か一緒にやったことがありますね。

中谷選手は僕の一個上なんですけど、まだ一緒にやったことはないので、たくさんコミュニケーションを取りながら練習からできたらなと思っています。

その意味では、谷口選手と組むのが一番やりやすさはありますが、誰と組んでもコミュニケーションを取るということは変わりません。

そしてセンターバック2人だけの関係ではなく、チーム全体として見ているので。誰とやっても大丈夫だと思います」

「楽しみではありつつ、同時に『ここでやらなければいけない』という気持ちのほうが強いですね。ここで勝点3を取らなければ終わりと思ってきているので、強い気持ちを持っています。

ただ試合前も、試合に向けても、いつもどおり変わらずに入れるようにというのは意識し合いたいと思っています。

今までのキャリアを振り返ってみても、僕も試合に出られない時期があって、急に怪我人の影響で試合に出てという場面がいままで何度もありました。

そこで結果が残せるかどうかというのが、この世界で生き残っていけるかどうかにつながってきます。

急にチャンスが来た場面で日本を勝たせられる。そんな選手になりたいし、ならなければならないと思います」