27日に中国代表とのワールドカップ予選を控えている日本代表チーム。

【写真】千葉でトレーニングキャンプに臨んだ日本代表を映した『Team Cam』

ホームでの2連戦となる今回のスケジュール、キャプテンである吉田麻也とそのパートナーである冨安健洋が怪我のために合流できないという状況となった。

最終ラインの中央が2名離脱している、しかもチームの精神的な支柱が不在。その影響がどのように出るのかが注目されている。

ただ、日本代表での記者会見に出席した浅野拓磨は、キャプテンがいないことが「ある意味楽しみ」と話していた。

浅野拓磨

「本当にキャプテンシーがありますし、チームをまとめる役割を担っていることは感じています。

不安要素というのは生まれてきますが、逆に言えば彼に頼り切っている選手というのもいないと思うんです。

頼っている部分もありますが、やはり自分たちでやらなければいけないという自律性は一人ひとり持っています。

あとはそれをどうチームに合わせていくか、誰が率先してやっていくかというだけの話だと思います。

逆に言えばそのキャプテンがいなくなった状況であればあるほど、そのほかの選手たちは『自分たちがやらなければいけない』という意識が間違いなく高まりますし、それがチームを一つにする要素でもあるのかなと。

キャプテンがいないというのは少し不安要素もありますけどそこまで…逆に楽しみというか、どうなるんだというワクワク感もありますね。

一人ひとりが高い意識を持ってやっていければ、試合始まってしまえば意識することでもないのかなと感じていますね」