1月9日からカメルーンで行われているアフリカネイションズカップ2021。すでに決勝トーナメントがスタートしている。

そして25日に行われたモロッコ対マラウィでは大会の歴史に残るようなスーパーゴールが決まった。

試合自体はヴァイッド・ハリルホジッチが率いるモロッコが2-1で勝利を収めているが、話題になったのはその中で決まったマラウィ側のゴールだ。

キックオフから間もない前半7分、40メートルはあろうかという場所からマラウィ代表FWガバディーニョ・マンゴがロングシュートを狙う!

【動画】ガバディーニョ・マンゴが長距離から狙ったスペシャルなゴール

そのシュートはゴール右隅に吸い込まれ、マラウィに先制点をもたらした。さらにこの場面がアフリカネイションズカップのゴール・オブ・ザ・デイに選ばれている。

ヘリングス・フランク・マンゴ、通称「ガバディーニョ・マンゴ」は1992年生まれの29歳。若くして南アフリカのリーグに移籍した経験を持ち、現在もビドヴェスト・ウィッツでプレーしている小柄なストライカーだ。