2014年のワールドカップで4度目の優勝を成し遂げたドイツ。

リオでの決勝戦前夜、トニ・クロースはあまり眠れなかったそう。弟フェリックスとのポッドキャスト配信で、睡眠不足だった理由をこう明かしていた。

トニ・クロース(元ドイツ代表MF)

「前の晩は少し眠りが浅かったことを覚えているよ。

サッカーの試合のせいではなかったんだ。

ジェシー(妻)がドイツから決勝のためだけにリオにやって来ていたからね。彼女は朝6時に到着した」

「決勝戦に勝ったのは素敵な気分だったよ。

でも、試合終了のホイッスルの後に妻を6週間ぶりに抱きしめることができたのも同じくらい嬉しかったね」

6週間ほど離れ離れだった愛妻ジェシカさんと久しぶりに会えると考えたことで寝付けなかったそう。

【動画】愛妻家!クロース、嫁ジェシカさんとの仲良しシーン

また、クロースはブラジルW杯で警備を担当したホセさんとの秘話も明かしていた。

トニ・クロース

「ホセは大会前に僕、ヨアヒム・レーフ(監督)、オリヴァー・ビアホフ(GM)、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、ミロスラフ・クローゼにブレスレットをくれたんだ。

それは大会と優勝に向けた誓いのようなものだった。

全てが終わった後に誰かがそのブレスレットを犠牲にする必要があると僕らは思ったんだ。

僕らはビーチで輪になると、ホセは自分のブレスレットを海に捧げたんだ」