セネガル代表対エジプト代表の対戦になったアフリカネーションズカップ決勝。

セネガルは前半7分のPKをサディオ・マネが失敗するも、PK戦の末に初優勝を飾っている。そのマネはPK戦では5人目のキッカーとして優勝を決めるPKを決めた。

一方、エジプトは2人目と4人目が失敗したため、PK戦でモハメド・サラーに出番は訪れず。

そうしたなか、元リヴァプールDFジェイミー・キャラガーがこんなツイートをしていた。

ジェイミー・キャラガー

「これだから、最高のPKキッカーは絶対に5番目にしてはいけない。

サラーが決勝のPK戦でエジプトのためにPKを蹴らないなんて狂気の沙汰だ。

数年前のポルトガル対スペイン戦でもクリスティアーノ・ロナウドに同じことが起きた」

いいPKキッカーを後半にとっておいても蹴る前に試合が終わってしまうことがあるという指摘だ。

【動画】サラーがGKに助言?マネ、まさかのPK失敗シーン

ロナウドのケースは2012年のEURO準決勝のことだろうか。0-0のまま迎えたPK戦でポルトガルは1人目と4人目が失敗。スペインが2人目以降4人連続で成功させたため、ロナウドはPKを蹴ることなく敗退している。