先月から行われたアフリカネーションズカップ2021。セネガルの優勝で幕を閉じたこの大会で、最も大きな話題をさらったのはコモロ代表だった。

ベスト16でカメルーンと対戦したコモロ代表は、なんと試合を前にして新型コロナウイルスの影響によりGK3名が離脱。

しかしチームの人数は足りているために試合はしなければならず、本来DFであるシャーケル・アラドゥールが代わりにキーパーを務めたのだ。

ただもちろん彼のGKユニフォームが用意されているわけもなく、本来のゴールキーパーのシャツに名前を入れ、背番号をガムテープで「作った」そう。

彼はこの試合で90分を戦い、惜しくも敗れたものの2失点で抑えるという活躍を見せて大きな話題になった。

【動画】代役GKアラドゥールの見事な足セーブ

もはやこの大会の本当の勝者はコモロ代表だったのではないかというほど、強烈なハイライトになった。

そして今回、この試合で代役GKを務めたシャーケル・アラドゥールが、そのコモロ代表の緊急GKユニフォームをオークションにかけることを決めたのだ。

このオークションで得られた収益については、4つの慈善団体に寄付されるとのことだ。