2020年夏からイタリアのサンプドリアでプレーしている日本代表DF吉田麻也。

『DAZN』のインタビューで、チームメイトたちを日本のアニメキャラクターに例えていたそう。

吉田麻也

「孫悟空は一番好きなヒーローでした。

僕らの悟空は、マノロ・ガッビアディーニですね。

今は怪我をしていますが、彼は怪我をする度にそれまでよりも強くなって戻ってくるんです。

サンプのピカチュウは、モアテン・トルスビーですね。彼は環境保護論者ですし、電気自動車を推進しているので」

「ドラゴンボール」が好きだったという吉田によれば、サンプの悟空はガッビアディーニだとか。2人はサウサンプトンでも一緒にプレーした仲良しでもある。

【動画】超サイヤ人!?吉田とガッビアディーニの“フュージョン”ゴール

そして、ピカチュウだと評価されたのは、 ノルウェー代表モアテン・トルスビー。25歳の彼は190cm近い体躯を誇る大型のハードワーカータイプMFである。

【厳選Qoly】三浦颯太が最新!川崎フロンターレ、全員日本代表の“裏番”「背番号13の系譜」

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら