プレミアリーグ第27節、敵地でのエヴァートン戦に0-1で勝利したマンチェスター・シティ。

67.4%のポゼッションを記録したが、相手の守備に苦しみ、82分までゴールを奪えなかった。

そうしたなか、グアルディオラ監督の発言が話題になっている。多くのチームがシティ相手にエヴァートン同様の戦いをしていると聞かれると、こう答えたのだ。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「挑発になるが、そうだ。

リヴァプール、ブライトン、アーセナル、アストン・ヴィラ、リーズ以外はね。残りのチームは引き籠る。

ただ、それが悪いとは言っていない。どんな監督も自分がやりたいことをやれる。

(そういうチームと対戦する時の)原則のひとつは我慢することだ。

失点をせず、適切な時に自分たちがやる。こういうことを続けていく必要がある」

ペップは低い位置で守りを固めてくるチームが多いので、忍耐強くプレーする必要があると述べていた。

【動画】プレミア最強アタック!リヴァプール、仰天のCBゴールシーン

なお、首位のシティはリーグ2位となる64ゴールを叩き出している(1位はリヴァプールの70得点)。