24日に行われたワールドカップ・アジア最終予選の第9節で、日本代表はオーストラリアに2-0と勝利を収めた。

0-0のままで終了間際まで進んだが、途中出場の三笘薫が89分に先制点を奪取。さらにアディショナルタイムにも三笘薫が独力で意表を突いた突破からシュートを叩き込む。

【動画】山根視来、守田英正、そして三笘薫!フロンターレラインで奪った決勝点

これによって試合は2-0で終了。日本代表はこれでワールドカップ2022の出場権を獲得することに成功した。

試合後、長友佑都は『DAZN』のフラッシュインタビューで中村憲剛、内田篤人、岡田武史の質問にこう答えていた。

長友佑都

「素直に嬉しいということと、ホッとしていますね。

3試合で2敗から始まって、絶体絶命の状況から皆が一眼となって這い上がってきた。本当にホッとしています。

日本がワールドカップに行けないなんてありえないと思いますし、絶対にこの道をつなぐ、ワールドカップへの道をつなぐという信念と覚悟のもとで戦ってこられたことを嬉しく思います。

そのなかで批判もたくさん受けましたが、多くの方に応援していただいて、支えてきてもらったので、今の自分達があるんだと思っています。

本当に心から感謝したいです。ありがとうございます。

(ベテランになりましたが、心がけていることは?)

一生懸命目の前の練習と試合に100%で臨むということだけですね。

自分は年齢的にもダメなら日本代表から外されてしまう立場だと思うので、一戦一戦、一日一日の練習から集中して入っていました。それだけですね。

ワールドカップは決まったんですが、ここからがより一層個人的には厳しくなると思っています。

本当にいい若手選手がたくさんいますからね。Jリーグからプレーを見せていかないと残っていけないと思っています。

内田さん、ご飯連れてってもらっていいですかね?サッカー教えて下さい」