2022年カタールワールドカップのグループステージ組み合わせが決まった。

グループFは、ベルギー、カナダ、モロッコ、クロアチアが同居。

モロッコ代表を率いるのは、かつて日本代表を指揮したヴァヒド・ハリルホジッチ監督だ。

今大会予選ではチェルシーのハキム・ジヤシュらを追放しながら、本大会行きを掴み取った。

『BBC』によれば、ベルギーとクロアチアとの同居についてこう話していたそう。

ヴァヒド・ハリルホジッチ(モロッコ代表監督)

「クロアチアはW杯準優勝国だ。

ベルギーはFIFAランキング2位だが、何ができるか?

難しいグループだが、私はW杯を少しは知っているし、不可能なことは何もない。

2014年にはアルジェリアを決勝トーナメントに導いたし、ドイツ相手にも勝ちそうになった。

モロッコで同じことをやれない理由はない」

ハリルが指揮した2014年大会のアルジェリアはベルギーと同居したグループHを2位で突破。決勝トーナメント1回戦ではドイツと延長戦にもつれ込む激闘を演じた。

【動画】追放もするけど…ハリル、寵愛するPSG選手とのいちゃいちゃシーン

なお、ハリルはサッカー史上初めて、異なる4つの代表チームをワールドカップに導いた監督になった(コートジボワール、アルジェリア、日本、モロッコ)。ただ、コートジボワールと日本では本大会前に解任されており、本戦の経験はアルジェリアのみ。