ドイツ・ブンデスリーガのアルミニア・ビーレフェルトで今季8ゴール1アシストを記録している奥川雅也。

現在チームは2月19日のウニオン・ベルリン戦以来2カ月勝利から見放されており、奥川もその試合からゴールがない状態が続いている。

ただ17日の30節バイエルン戦ではあわやの場面も。動画で見てみよう(2:00~)。

味方DFアモス・ピーパーの後方からのロングフィードに、ライン際を抜け出した奥川。

ボールを二度浮かせてバイエルンのDFタングイ・ニアンズをかわすと、最後は飛び出してきたGKマヌエル・ノイアーの頭上を越すシュートでネットを揺らしてみせた。

ただ残念ながら副審はオフサイドフラッグを掲げ、VARの判定でも覆らなかった。映像を見るとかなりぎりぎりでオンサイドでもおかしくはないものだったが…。

バイエルンに0-3と完敗したビーレフェルトは17位に後退。奥川は試合後、「戦術をうまく実行することができました。カウンターからチャンスを作ることもできましたが、不要な失点をしてしまいました」と残念がっていた。

【写真】なぜ呼ばない!日本代表、森保監督がやっぱり試しておくべきだった6選手

残り4試合、ビーレフェルトは残留を成し遂げられるだろうか。2021-22シーズンのブンデスリーガは『スカパー!』にて全試合生中継・LIVE配信されている。