バイエルン・ミュンヘンはブンデスリーガ第31節ドルトムント戦に3-1で勝利し、10連覇を達成した。

ロベルト・レヴァンドフスキは今季33点目となるゴールを決め、優勝に貢献している。

8月で34歳になる彼は契約が2023年まであるが、今夏での移籍が噂されている。

『Sky』によれば、レヴァンドフスキは、「近いうちに何が起きるだろう。自分が知っているのは話し合いがあるということだけ。まだ特別なことは何も起きていない。何が起きているが、自分にとって簡単なことではない」と述べたそう。この発言は現地でも意味深と伝えられている。

【関連】最強バイエルンが「0円」で獲得した10人のスター

一方、マヌエル・ノイアーとトーマス・ミュラーはバイエルンへの残留をほのめかしたとのこと。