バイエルン・ミュンヘンの大エースとして340ゴール以上を決めてきたロベルト・レヴァンドフスキ。

8月で34歳になる彼の契約は2023年6月末までとなっており、今夏の移籍が噂されている。

ただ、『BR24』によれば、バイエルンの名誉会長であるウリ・ヘーネスはこう断言したという。

ウリ・ヘーネス(バイエルン名誉会長)

「レヴァンドフスキは来シーズンもバイエルンでプレーすると100%想定している。

なぜなら、彼には契約があるからだ。ごく単純な話だ」

契約がある限りは残留するとして、今夏の移籍を否定したとのこと。

【関連】最強バイエルンが「0円」で獲得した10人のスター

また、今季のバイエルンはCLで痛恨の準々決勝敗退となったが、ヘーネスは「ユリアン・ナーゲルスマン監督には並外れた才能と個性がある。彼がいてくれてとても満足している。まだまだこれからだ」と若き指揮官を擁護していたそう。