ミランはセリエA最終節のサッスオーロ戦に0-3で勝利し、2010–11シーズン以来となる優勝を決めた。

Optaによれば、今季のミランは勝点が3になって以降のセリエAで最も平均年齢が若い優勝チームになったそう(26歳と97日)。

ただ、35歳オリヴィエ・ジルーと40歳ズラタン・イブラヒモヴィッチのベテランコンビも多大な貢献を果たした。

【動画】葉巻を燻らす!40歳イブラヒモヴィッチ、優勝後の“ボス”シーン

そのイブラヒモヴィッチは優勝後にこう述べていたそう。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミランFW)

「このスクデットはライオラのためだ。ミーノが俺のそばにいない状態で初めて勝ちとったタイトルだ」

「自分でフィジカルがいいと感じられれば、今後もプレーを続行する。

すぐに決断は下される。フィジカル的な問題が多かったが、すぐに決めるよ」

イブラら多くのスター選手の代理人だったミーノ・ライオラ氏は先月30日に54歳の若さで死去。イブラはずっとそばにいてくれた彼に優勝を捧げていた。

40歳になったイブラの契約は今季までだが、延長する可能性が高い。来季もチャンピオンズリーグでのプレーが見られそうだ。