ミランとインテルが熾烈な優勝争いを展開した2021-22シーズンのセリエA。最終節に勝利したミランが2010-11シーズン以来となるスクデットを獲得した。

そうしたなか、ズラタン・イブラヒモヴィッチが優勝パレードで言い放った言葉が話題になっている。

チームバスに乗ったイブラは「ハカンにメッセージはあるか?」とミラニスタたちを煽っていたのだ。

【動画】ミラニスタ歓喜!イブラ、チャルハノールへの煽りシーン

トルコ代表MFハカン・チャルハノールは昨季までミランで10番を背負っていたが、昨夏にインテルへフリー移籍した。

現地メディアによれば、イブラの言葉にミラニスタたちは熱狂していたとか。一部にはチャルハノールのミラン時代のユニフォームを燃やすファンまでいたそう。

イブラもミランとインテルでプレーした経験がある選手だが。なお、イブラは自伝でもチャルハノールのインテル移籍についてこう言及している。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ

「俺たちは彼がチームに与えてくれたものに感謝し、今後の活躍を祈るだけだ。

これは言ってはならないことだが、チャルハノールは悲劇的な状況から恩恵を受けた。

EUROでのデンマーク対フィンランド戦でインテルのクリスティアン・エリクセンが心停止に倒れた。

そこで、インテルはその役割を担う選手が必要になり、ハカンへの扉が開かれたのだ。

あの件が起きる前、彼にはインテルや他のクラブからオファーは一切なかった。

ハカンはいいやつだ。彼は俺のおかげで大きく成長した。勇気と自信をつけた。

(彼にとっての)今の挑戦は『イブラがいなくても同じことができるか?』だ」

当時インテルに所属していたエリクセンが心停止に倒れたことで、チャルハノールは恩恵を受けたとの指摘だ。