ローマをUEFAカンファレンスリーグ優勝に導いたジョゼ・モウリーニョ氏。

『talkSPORT』によれば、モウリーニョ監督はPSGの新指揮官候補として強く検討されているとのこと。

PSGはマウリシオ・ポチェッティーノ監督が今季限りで退任する可能性があるが、ジネディーヌ・ジダン氏は就任要請を断ったとされている。

モウリーニョは昨夏のEUROで『talkSPORT』の解説も務めており、ソース元としては信頼できそうだが…。

【関連】「残留宣言」後あっさりクラブを去った10名のスター選手

ただ、『GianlucaDiMarzio.com』では、モウリーニョは来季もローマに間違いなく残るとしている。

モウリーニョはPSGの新スポーツディレクターに就任する見込みのルイス・カンポス(ポルトガル人)と良好な関係にあるものの、すでにローマで来季への準備を進めており、チームを離れることは考えていないとか。

そのうえで、PSGはニースで高く評価されているクリストフ・ガルティエ監督を新指揮官候補として狙っているとも。