先日、日本代表と親善試合を戦ったブラジル。

そのセレソンで歴代2位となる125試合に出場したのがロベルト・カルロスだ。『Evening Chronicle』によれば、彼ははこんな話をしてたそう。

ロベルト・カルロス

「ジョエリントンはいいパフォーマンスを続けるだけさ。

監督から言われたことをやり、ファンを幸せにする。

いいパフォーマンスを続ければ、ブラジル代表チームに呼ばれる時が来るはずだ」

ロベカルがセレソンに値すると評価していたのは、ニューカッスルに所属するジョエリントン。

2019年にクラブ史上最高額の4000万ポンド(61億円)で加入した当時は得点源になるストライカーとして期待されていた。

昨季までは得点力不足を露呈していたものの、中盤にコンバートされた今季はMFとして躍動。クラブの年間MVPに選ばれるほどの活躍を見せた。

【関連】ブラジル代表経験が一度もない8人の現役スター

そのジョエリントンは8月で26歳になるがブラジル代表経験はない。ロベカルはこのままいけばセレソンを狙えると推していたようだ。