インターナショナルマッチ4連戦の締めくくりとしてチュニジア戦を戦った日本代表。

試合前までの裏側を追った恒例のTeam Camが公開されている。

南野拓実、鎌田大地、古橋亨梧、田中碧、原口元気、長友佑都らによる居残りシュート練習は見応えがあるぞ(動画5分12秒から)。

長友はネタ扱いされているが、他の選手たちはさすが代表クラスというえぐいシュートを連発!

ガチの南野が「一歩下がってもらっていい?」と周りの選手たちを驚かせたシーンはなかなかおもしろい(動画6分45秒)。

【関連】南野は適正なし!日本代表、左WGで試してほしい6人の候補者

その南野は別の練習でもボールタッチをめぐるクールすぎる反応を回りから突っ込まれていたぞ(動画4分10から)。