先日、日本代表との親善試合に0-1で勝利したブラジル。

決勝ゴールを決めたのは、日本の天敵であるネイマールだった。

30歳になった彼は今年のワールドカップを最後に代表から引退する見込み。ブラジル代表のチームメイトであるロドリゴは『PodPah』でこんな話をしていたそう。

ロドリゴ(レアル・マドリーFW)

「ネイマールから言われたんだ。『俺は代表チームを去るから、10番は君のものだ』ってね。

彼に何て言えばいいのか分からなかった。ちょっと気恥ずかしくて笑ってしまったけれど、何て答えればいいのか分からなかった。

もう少し長くプレーしてもらわないといけませんと伝えたよ。(10番は)今は欲しくありませんと。

すると、彼は笑っていたよ」

21歳のロドリゴはネイマールから直接、次の10番に指名されたという。

【関連】サッカー史上最も奇妙な「背番号10」をつけた選手たち

ただ、本人はそれに戸惑ったそうで、10番はまだ早いと辞退したうえで、ブラジル代表でのプレーを続けて欲しいと伝えたそう。