昨夏、バルセロナからPSGに移籍したリオネル・メッシ。

アルゼンチン代表でもチームメイトであるレアンドロ・パレデスは、メッシのためにワールドカップに優勝したいと宣言するなど先輩に惚れ込んでいる。

ただ、メッシがバルサに所属していた頃には仲違いする出来事があったようだ。

2020-21シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで、バルサはPSGに2戦合計1-5で敗れてラウンド16で敗退。1-4で敗れた1stレグの後にメッシは激怒したとか。パレデスは『Caja Negra』でこう話していたそう。

レアンドロ・パレデス(PSG MF)

「彼は怒った。自分がチームメイトにコメントするのを聞いたからね。

本当に怒っていた。滅茶苦茶に。ひどいものだった。

彼は僕を殺そうとしていたし、僕は帰りたかった。

その後、代表で会った時には何事もなかったかように振る舞ってくれたよ。

彼はその人間性を見せてくれたんだ。(問題なく)関係は続いたよ。

今その話になると笑い合えるけれど、その時は本当に怒っていた。自分のことを殺したがっていたよ」

パレデスはバルサを撃破した一戦にフル出場したが、その試合についてのコメントにメッシが激怒したようだ。

【動画】メッシが悪!スアレスのイタズラにガチキレしたネイマールさん

あのメッシが殺意を剥き出しにするほど怒っていたとか…。