現在どこのチームも率いていないジネディーヌ・ジダン監督。レアル・マドリーを退任してからはずっとフリーの状態となっている。

【動画】ジダン監督が現役時代、レアル・マドリーで決めたベストゴール

先日はパリ・サンジェルマンの監督になるのではないかと噂されたものの、最終的にはクラブ側からそれが否定されている。

『L'Equipe』のインタビューに答えたジネディーヌ・ジダン氏は、次の目標について以下のように話していたという。

ジネディーヌ・ジダン

「フランス代表との関係は終わっていない。私はその監督をやりたい。いつかはもちろんそこにたどり着けることを願っている。

それはいつになるか?私が決めることではないよ。

しかし私はフランス代表とともに戦いたい。選手としてそこで戦った。それは今までの人生で最高のことだった。あれがピークだ!

私はそれを経験し、そしてコーチになった。だからフランス代表は私の頭の中に強く残っている。

繰り返すが、それは私が決められるものではないが、自分の最も強い願望はそこにある。フランス代表チームは最も美しいものだ。

いつかパリ・サンジェルマンを指揮するか?私が選手だったときには、選ぶことができたんだ。あらゆるクラブをね。

しかし監督としては、50ものクラブから選ぶことはできない。2~3の可能性の中から選ぶしかないのだ。

もしクラブチームに行くことになるのなら、それは勝つためだ。最大限の謙虚さを持ってそれを言わせてもらうよ。だから、どこにでも行くということはできないのだ」