かつて、バルセロナBへの移籍が決まっていた選手が反バルサのツイートをしていたことで即刻契約解除になったことがあった。

『SPORT』によれば、スカウト部門の人材採用でも同様のケースがあったようだ。

ミランデスのスポーツマネージメント部門で働いていたエルビス・コカは、バルセロナBに引き抜かれる寸前だったという。

ただ、以前にレアル寄りのツイートをしていたことで、採用は破談になったとのこと。

なんでも、「ルイス・スアレスをレアルで見たい。彼はとてもいい!」、「偉大なるレアルのバスケットボールチームよ!Hala Madrid(マドリー万歳)」、「ラホイ(スペイン首相)は我々から奪ったものをバルサに与えている。嘆かわしい」などというツイートをしていたとか。

【関連】現役Jリーガーも!レアルとバルサが奪い合った11人のスター

同氏はバルサBで若手を引き抜くスカウト部門を任されるはずだったが、ヘッドハンティングは破談に終わったようだ。