モナコへの移籍が決まった南野拓実はリヴァプールで通算55試合に出場した。

ここでは、リヴァプールでの出場数が55に満たなかった有名選手を取り上げてみる。

ジョー・コール(42試合)

ジョー・コール

幼少期から天才的なスキルで名を知られていた元イングランド代表MF。

2010年にチェルシーから加入して10番を託されるも、実質1年でリヴァプールを去ることになった。

本人は何の愛着がなかったリヴァプールへの移籍は間違いだったと認めている。宿敵トッテナムに加入するわけにはいかなかったので、仕方なくレッズ入りしたとのこと。

ジョー・コール

「俺が自分が情熱を感じるチームのためにしかプレーできない。それがリヴァプールで間違ってしまったことだったと思う。

チェルシーでは素晴らしい7年を過ごしたが、自分は構想外になった。

現実的な選択肢は2つだった、リヴァプールかスパーズか。

スパーズが最もいい選択だっただろう。5年契約を提示してくれたし、慣れ親しんだ環境(ロンドン)に残ることもできるからね。

だが、そうすることはできなかった。スパーズのユニフォームに袖を通す自分を想像できなかった。

スパーズと(出身クラブである)ウェストハム、チェルシーのライバル関係を考えれば、金目当てのように感じられたからね」