アーセナルで右サイドバックとしてプレーする日本代表DF冨安健洋。

DAZNの『FOOTBALL TIME』で内田篤人からサイドバックのプレーについてアドバイスを貰った。

内田から、「現役の選手に聞くのはあれだけど、引退したら指導者とかやりたい?」と聞かれた冨安はこう答えていたぞ。

冨安健洋

「やるとしてもアカデミーっす。プロはやりたくないです。

だって、いつか切られるじゃないですか。

僕、(生まれ故郷の)福岡にいたいんで(笑)」

プロの指導者にはなりたくないという冨安に内田は思わず「なんで?!」と反応。 冨安はクビになる可能性があるプロチームではなくユースの指導者ならありだとか。

内田はその理由を聞くと爆笑しつつ、「そうだけどさ(笑)。監督のサインをした時はクビへのカウントダウンのサインって僕も思ってるので。やってクビになったら、コーチもそうだけど、もう戻れないから、やっぱ難しいところだなっていうのはある」と話していた。

【関連】日本人選手、欧州から見た市場価値が今季もっとも上がった10人

冨安は古巣であるアビスパ福岡のユース選手たちを3日ほど指導したばかり。

わずか3日ながら、中高生ということでその成長が見てとれたことが「楽しかった」そう。そういう意味でも、すでに出来上がったプロの選手よりも中高生を指導するほうに魅力を感じているとのこと。また、選手たちには3日だけやってもダメなので継続していくことが大事だと伝えたという。