バイエルン・ミュンヘンからバルセロナに移籍したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ。

大エースとしてバイエルンを支えてきたが、移籍をめぐる衝突により、その関係性は冷え込んでしまった。

そうしたなか、レヴァンドフスキは荷物を整理するために、ミュンヘンに帰還。チームメイトやスタッフにお別れを告げたが、関係性を修復できたようだ。

レヴァンドフスキ、SDハサン・サリハミジッチ、CEOオリヴァー・カーンはこう述べている。

レヴァンドフスキ

「全て問題ない。みんなに会って、感謝を伝えた。

ここで受け取ったもの、経験したことは絶対に忘れない。

それが自分にとって一番大事なものだ。

先週はちょっと複雑だったけれど、これもサッカーの一部だからね」

サリハミジッチ

「ロベルトはお別れを言うために私のオフィスにやって来てくれた。15分ほど話したよ。

我々は和解した。ロベルトはバイエルンで偉業を成し遂げたし、それは残されるべきものだ。

彼もバイエルンに感謝しなければいけないことを分かっている」

カーン

「最後にロベルトが私のオフィスに立ち寄ってくれたのはよかった。

あらゆることを話した。いい関係のままだし、今後も連絡をとる。

ロベルトとバイエルンは特別なサクセスストーリーだった。バルセロナでの成功を祈っている」

これまでの誤解を解いて、和解することが出来たようだ。

ただ、レヴァンドフスキがバイエルンのオフィスを去る際、「Hala Madrid(レアル万歳)」と叫ぶファンもいたと話題になっている。

 

【動画】赤アウディで去るレヴァンドフスキが「レアル万歳」と叫ばれたシーン

叫んだのはバイエルンファンとされているが…。

ちなみに、レヴァンドフスキがドルトムントからバイエルンにフリー移籍したのは2014年だが、その前にレアルと口頭合意に達していたとされている。

流出した契約書によれば、契約金は13億円、年俸は12億円、さらに、バイクやモーターボートに乗ることに加え、スキー、パラグライダー、登山をすることも禁止という契約内容だったとか。

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら