今季から南野拓実と伊東純也がプレーするリーグアンが開幕を迎えた。

名門マルセイユはこの夏にイーゴル・トゥドル新監督を招聘したが、選手との衝突が続いている。

『L’Equipe』によれば、トゥドル監督とMFマッテオ・グエンドゥージがミランとのプレシーズンマッチのハーフタイムに激しい口論をしていたという。

現役時代にはユヴェントスでもプレーしたトゥドル監督は、ガラタサライを率いた際にも選手と衝突している。マルセイユでもすでにMFジェルソン、DFジョルダン・アマヴィと衝突。後者はチームから追放状態にある。

【関連】「有名サッカー選手がチームメイトとガチ喧嘩になった5つの事件」

そのマルセイユは8日の開幕戦で伊東のスタッド・ランスと対戦するが…。