今季、欧州最大級の大型補強を敢行したバルセロナ。

34歳になった重鎮セルヒオ・ブスケツの契約は今季限りとなっており、その去就が注目されている。

『Relevo』によれば、彼は今季終了後のMLS移籍を考えているとのこと。

一方、バルサは2年間の契約延長を希望しているという。その理由は、先送りした給与の支払い期限を延期できるようにするためだとか。

【関連】バルセロナを去った「生え抜きベストイレブン」

ブスケツはMLSだけでなく、日本やカタールへの移籍を考えていると話したことがあるが…。