日本人4選手が所属するセルティック。

『The Scotsman』によれば、チェルシーの元イングランド代表MFロス・バークリーの獲得が浮上しているという。

28歳になったバークリーは、昨季アストン・ヴィラに貸し出されるなどチェルシーで構想外となっているが、契約は残り1年ある。

セルティックへの移籍はローンになる見込みだが、その給与がネックになると考えられていた。

ただ、イングランドのクラブから完全移籍のオファーもあるようで、セルティック移籍はやや微妙になりつつあるようだ。

【関連】チェルシーでは不発も…「退団後に輝いた」10人のスター選手

なお、アンジ・ポステコグルー監督はバルセロナMFアレクス・コジャドなども狙っているとされている。