9月2日、『Telegraph』は「最も奇妙な理由によって破談になった移籍交渉」という記事を掲載した。

先日、マンチェスター・ユナイテッドとレアル・マドリーの間で行われたダビド・デ・ヘアの交渉において、事務処理の手続きが遅れて登録期限に間に合わず破談になったことが大きな話題になった。

これまで起こってきた奇妙な理由での交渉停止とはどのようなものがあったのか?

ロベルト・レヴァンドフスキ

(レフ・ポズナニ→×ブラックバーン)

ヨーロッパのトップストライカーとして名を轟かせる前、彼はサム・アラーダイス率いるブラックバーンとの契約に近づいていた。2010年4月にはエヴァートン戦にも招待されていた。

しかしそれは母なる自然の影響によって阻まれた。アイスランドのエイヤフィヤトラヨークトル火山が噴火したために飛行機が飛ばず、ボルシア・ドルトムントが彼を獲得した。

彼が多くの睡眠時間を失ってまでブラックバーンへの移籍にこだわらなかったのは正解だった――というのは正しいだろう。