この夏にジャパンツアーで来日したPSG。その一員だったドイツ代表DFティロ・ケーラーは8月17日にウェストハムへ移籍した。

彼はシャルケ時代に内田篤人とプレーした選手でもあり、来日した際には内田にユニフォームをプレゼントしている。

そうしたなか、ウェストハムのモイーズ監督は冗談交じりにこんな話をしていた。

デイヴィッド・モイーズ(ウェストハム監督)

「彼のことをテオ(Theo)と呼んでいる。あらゆる名前で呼んでいるよ!

ジョンはどうしたってね?彼らは私がおかしくなったと思っているよ。

彼のことを色々な名前で呼んでいる。

彼にあだ名をつけなきゃいけないね。Tと呼ぼう」

「Thilo」という名前の発音に苦労しており、テオとかジョンなど適当な名前で呼んでいるため、周囲も困惑しているとか。

【関連】海外のマスコミに変な愛称をつけられた日本代表選手たち

ただ、モイーズ監督はシャルケ時代からケーラーをチェックしており、ボランチで出場した経験があることも知ってはいるようだ。