今夏、エヴァートンからトッテナムに移籍したブラジル代表FWリシャルリソン。

ノッティンガム・フォレスト戦では試合を決める2点目をアシストしたが、こんなプレーが話題になった。

0-2でリードした試合終盤、サイドでボールを受けるとボールを浮かせるリフティングを披露。だが、その直後に相手FWブレナン・ジョンソンから激しいタックルを受けてしまった。ジョンソンにはイエローカードが提示されたが、リシャルリソンのプレーは無駄だったとも指摘されている。

元リヴァプールのジェイミー・キャラガーとディートマー・ハマンはこのプレーを揶揄。ハマンが「スポーツマンシップに反する行為でイエローカードを提示され、フォレストのフリーキックにするべきだった」とツイートしたが、リシャルリソンは「もっと泣けよ」と応戦している。

この騒動にネイマールもひっそり参戦していた。

泣き笑いの絵文字を送って、リシャルリソンを支持していたのだ。このリプライには5万のいいねがついている。

【動画】ネイマール、若手の「舐めプ」にキレた荒ぶりシーン

ネイマールも同様のプレーをして相手の反感の買ったことがあるが、気持ちは分かるという感じだろうか。